”卵子と精子を紡ぐ瞬間接着剤”
妊活のパワースポット

1986年に東京都品川区東急目黒線不動前駅にベッド一台、5坪の小さな施術所をオープンしました。
最初は自分の為に、それからは家族の為、共に働くみんなの為、来院される患者様の為に、そして地域の為に…

2005年より不妊症専門鍼療を港区田町院に併設、2006年青山一丁目駅前に移転、2011年に法人設立、患者様に一日でも早く、自然妊娠で子宝に恵まれるため気運の良い赤坂御所(旧東宮御所)お膝元、青山一丁目駅前院を2018年リニューアルオープンしました。

“3ヶ月で自然妊娠を目指す!!”「卵子と精子を紡ぐ瞬間接着剤」青山鍼整道は令和4年3月31日で創業35年目に入りました。これから先も「尊敬し、感謝し、礼儀をつくす」この大義を軸に、何よりも「患者様を笑顔にする」理念を大事にします。

院長 小林芳憲  Yoshinori Kobayashi

〈 プロフィール 〉
一般社団法人 日本フォトセラピー治療協会
株式会社トップアスリート代表取締役
青山鍼整道 代表 小林芳憲
1960年12月20日 札幌市生まれ

札幌市立山の手小学校5年から札幌スキージャンプ少年団1期生としてスキージャンプを始める。北海高校にはスキージャンプでスポーツ推薦で入学、日本大学保健体育審議会公認トレーナーに就任、1987年国際鍼灸専門学校卒業、同年に東京都品川区東急目黒線不動前駅で開院、1999年 株式会社ニュー・オータニ・ガーデンコートクラブと治療院委託契約、独自のルートで日本を代表する作詞家、秋元康さんをはじめ、その他著名人のメンテナンスに携わっております。

【主な活動実績】

1998年 ホテルニューオータニ・ガーデンコートクラブにて鍼灸治療院を開院
2003年 ザ・ローリングストーンズLive日本公演帯同、ミックジャガー、キースリチャードのボディメンテナンスに携わる。
2006年~2010年 三幸学園東京リゾート&スポーツ専門学校講師
2008年 公益財団法人全日本スキーナショナルチームにトレーナーとして同行
2010年~2011年 JLPGAトーナメントツアー、韓国アンソンジュ選手に同行
2014年 テレビ朝日との委託契約よりジャニーズJr.コンサートツアーに同行
2021年 テレビ朝日との委託契約によりTV番組収録現場にトレーナー派遣をしております。

・東洋医学に運動生理学、栄養学、メンタルコーチングを統合した「小林式4way子宝メソッド」を確立。驚異的な妊娠成功率を挙げている。
・厚生労働大臣認定資格者
 

スタッフ紹介

小林清美 Kiyomi Kobayashi

出身地:神奈川県鎌倉市
趣味:フラワーアレジメント、書道

生花店に勤務していた時から嗜むフラワーアレジメントはコンテストで数々の賞を受賞する腕前で、書道は都内の教室に通い修養中。 心のこもったおもてなしができるよう日々精進しています。

ひと言メッセージ

受付スタッフの小林清美です。10:00~18:00までが私の勤務時間となっております。
「誠実」「丁寧」「思いやり」をモットーにお客様と接し、1人でも多くの方に元気になっていただけように最善をつくします。どうぞよろしくお願いいたします。

波乱万丈!?院長小林芳憲ものがたり

令和の「子宝請負人」として …


青山鍼整道のホームページをご覧いただき有難うございます。
妊活界の瞬間接着剤「子宝請負人」の院長の小林芳憲です。
青山鍼整道では現在、東京23区・埼玉・千葉・茨城・群馬県からもご来院いただいております。

1987年東京都港区で開業以来、延べ10万人以上の施術に携わってきましたが、今日は治療家になった経緯など、私の歩んできた道を皆様にお話しさせてください。
 
スキージャンプ選手として活躍した学生時代

1972年 アジアで初めて開催された冬季札幌オリンピック開催地、札幌が私の出身地です。
市内の大通公園テレビ塔を背に真正面に見える大倉山 ジャンプ競技場の麓で生まれ小、中、高校まで緑豊かな札幌の地で育ちました。

冬季札幌オリンピック、スキージャンプで日本選手4人が1,2,3,4位(金、銀、銅、4位)と大活躍し、その年の春に結成した「札幌ジャンプ少年団」に1期生として入団、11歳から22歳まで毎日練習に明け暮れ、腰痛、膝痛、肉離れと戦う日々でした。 
 
左:1974年全道中学スキージャンプ大会(学研科学3月号掲載)<br />
右:1975年秋田県鹿角市にて開催の全国中学大会
左:1974年全道中学スキージャンプ大会(学研科学3月号掲載)
右:1975年秋田県鹿角市にて開催の全国中学大会


心機一転、鍼灸の道へ


スキージャンプの競技に心血を注いだ学生時代でしたが、自分は世界は狙える資質ではないと諦め、 22歳で競技生活を終え 1984年 国際鍼灸学校に進みました。住み込み先の鍼灸院が日本で唯一の妊活鍼灸専門だったとはいざ知らず・・・
日本大学保健体育審議会の先輩から紹介された(港区高輪台)老舗子宝鍼灸院で修業し、鍼灸、あん摩、指圧、マッサージの国家資格を取得しました。
卒業後1年間、学校に通わせて頂いたお礼奉公もあり、計4年間勤務、その後、開業するのですが・・・

さあ独り立ち! しかし、挫折…

1987年4月に品川区、東急不動前のマンションで開院。
会社役員と有名女子プロゴルファー自宅往診と院内施術を一人でこなし日々忙しい毎日でしたが・・・
開業6か月後、忙しかったのも束の間、患者さんが月に30~40人しか来院しない日々に不安がつのります。

修業時代からお世話になり独立後も不妊症で通ってくれる患者様もいらっしゃるのに…、この仕事でみんなを笑顔にしてあげたい一心でこの道に入ったにも拘わらず、 こんな”お茶引き治療院”になるとは・・・
不安と焦りが募る中、このままではいけないと悩み考えました。そして、修行先の師匠にお願いして、週3日、また一から技術を学びに行くことにしました。

再修行から本格始動へ

開業しながらの再修業は楽ではありませんでしたが、毎日手書きのチラシポスティング1,000部を自分の足で投函して回った成果もあってか徐々に来院者数も増え、それに比例して治療の結果が出てきました。
すると次第に患者様からのご紹介も増えて、何とか食いつなぐことができるようになっていったのです。

1999年5月には、ホテルニューオータニ法人会員制クラブとの治療院契約。日本大学保健体育審議会推薦により公益財団法人全日本スキーナショナルチームトレーナーに任命され、海外遠征帯同などの貴重な経験と実績を積み上げることができました。
そして 2005年4月、修行先の師匠が亡くなる数日前に入院先の病院に呼び出されたときのことです。

「私が考案した、門外不出不妊鍼灸虎の巻で悩んでいる方をお前が救え」」

師匠のこの言葉が私の方向性を大きく動かします。
「症状はともかく、そもそも困っている方を救いたい」そんな一念でこの業界に入ったにもかかわらず、アスリートだけにこだわるのはやめよう!
一念発起、東京都港区田町に不妊鍼灸・整体治療を本格的に始動することになりました。
 
2005年4月 東京都港区田町に一時移転<br />
不妊鍼灸・整体治療を本格的に始動する。
2005年4月 東京都港区田町に一時移転
不妊鍼灸・整体治療を本格的に始動する。
2005年来院中の女優の生稲晃子さんと小林院長
2005年来院中の女優の生稲晃子さんと小林院長


日本の少子化問題に貢献したい


田町に一時移転した 2005年4月からは”悩みの深い不妊症”に特化した不妊症専門施術を開始。
2006年4月に青山一丁目駅前院に移転、2018年7月にはリニューアルオープンしました。
患者様の笑顔が私たちの笑顔となり「100年後も子供たちの笑顔を作り続ける」そんな幸せ溢れる社会を創造していくことを目標に日々精進しております。


2005年 東京都港区田町に不妊・妊活専門鍼灸治療院”を開院。

2019年 「日本の少子化問題に貢献」という理念のもと〈日本妊活推進マネジメント協会〉を設立。
同年11月末まで 延べ3105組の患者様を出産まで導く。

鍼灸整体セラピストに再現性があり、わかりやすい技術指導に定評がある。

近年は不妊専門の鍼灸師養成塾を開講、後継者の指導育成にも力を注いでおり、既に何人もの不妊専門鍼灸師を輩出している。

・厚生労働大臣認定資格者
・日本フォトセラピー治療協会 代表理事

医師も推薦

東京女子医科大学医学部
脳外科医 佐々木綾香医師からの推薦

  • 2015年に小林先生主催の「妊活はメンタルが9割」というセミナーに参加してから、妊活鍼灸のスペシャリストとして卓越した技術は勿論のこと、広い視点で不妊治療を捉える見識、観察力にいつも圧倒されています。

    不妊治療専門院との提携、妊活鍼灸施術、双方で習熟したいわゆるハイブリッドの妊活専門鍼灸師の代表的存在として第一線をリードしている小林先生を推薦します。

公益社団法人 日本整形外科学会認定
整形外科専門医 金 泰久先生

  • 小林先生との出会いは2003年に同級生医師の紹介からはじまり、早いもので19年を経過しました。
    小林先生は東洋医学からみた妊活鍼灸術のプロでもあり、過去たくさんのトップアスリートの鍼灸治療を施し施術家向けのセミナーで講師をされる熱い思いをお持ちで鍼灸師先生に教える先生です。

    「日本の少子化問題のために」世の中を笑顔にしていきたいと本気で考えている経験豊富で実績を出されている小林先生の「青山鍼整道」で施術を受けることをおすめします。