創業31年、不妊鍼灸整体治療の老舗

代表 小林芳憲(yoshinori kobayashi)

北海道札幌市出身
1987年 国際鍼灸学校卒業
1984年 国際鍼灸専門学校在学中、港区高輪台の老舗鍼灸院で3年住み込み修行をする。1999年より法人会員ガーデンコートクラブにて鍼灸・マッサージ院契約と同時に港区南青山で現役を退いた女性アスリート専門の不妊鍼灸治療を開始、出産を終えた患者からの口コミで広がり、2016年に子宝授かり神社として有名な王子神社すぐ、東京都北区王子駅前に不妊専門鍼灸院を開院する。現在、青山鍼整道グループ代表として分院長と後進の指導育成を行っている。


当院のご紹介動画となります。どうぞご視聴くださいませ!



主な活動実績・略歴 
1998年 長野オリンピックに帯同       
1999年 法人会員制ホテルニューオータニ
      ガーデンコートクラブで鍼灸院開業
2002年 日本大学保健体育審議会公認トレーナー

2006年 東京リゾート&スポーツ専門学校講師
2008年 全日本スキーナショナルチームに帯同
2009年 MLBアリゾナウィンターリーグに帯同
2011年 ノルディック世界選手権オスロ大会帯同
2015年 テレビ朝日『夏祭り』ジャニーズJr.ライヴ帯同
2017年 第8回冬季アジア競技大会ジャンプチーム帯同


長野オリンピックスキージャンプ
金メダリスト 原田雅彦さん


ノルディックスキー世界選手権に帯同

弊社トップアスリートは平昌オリンピックをはじめオリンピックチーム、トレーナー育成に力を注いでおります。

平昌オリンピック役員としてスキージャンプチームに長谷部大貴トレーナーが帯同

不妊治療へのおもい

日本の将来の活力を担う若者を増やし続けることが私どもの使命です

1987年東京都港区で創業以来、企業オーナー様、会社経営者と日本を代表する作詞家、秋元康さんなど独自のルートで、延べ10万人以上の施術に携わってきました。1999年より、ホテルニューオータニ・ガーデンコートクラブとの委託治療院をはじめ、LPGA女子ゴルフツァートーナメント、ローリングストーンズ日本公演ライヴ、公益財団法人 全日本スキーナショナルチーム帯同など他院では経験できない数々の実績を重ねてまいりました。


生活習慣の変化により妊娠しにくくなった患者様の不妊症体質改善を目的に2016年、子宝授かり神社近くに青山鍼整道 王子駅前院をオープンしました。子宝に恵まれず悩んでいる方の「最後の砦」として東京23区内をはじめ埼玉県、千葉県、新幹線で仙台、名古屋からも来院していただいております。

悩みの深い不妊治療には誠心誠意、心のこもった治療で対応させていただいておりますので、まずはお気軽にご相談、お問い合わせください。
 
青山鍼整道 代表 小林芳憲

スキージャンプ選手から治療家に

この度は弊社のホームページにアクセスいただき有難うございます。
皆様に治療家になったきっかけなど、私の歩んできた道を簡単にご紹介します。
 
1972年 アジアで初めて開催された冬季札幌オリンピック開催地、札幌が私の出身地です。市内の大通公園テレビ塔を背に真正面に見える大倉山 ジャンプ競技場の麓で生まれ小、中、高校まで緑豊かな札幌の地で育ちました、冬季札幌オリンピック、スキージャンプで日本選手4人が1,2,3,4位(金、銀、銅、4位)と大活躍し、その年の春に結成した札幌ジャンプ少年団、1期生として入団、11歳から22歳まで毎日練習に明け暮れ、腰痛、膝痛、肉離れと戦う日々でした。

上段写真は1974年、中学2年の全道中学スキージャンプ大会(学研科学3月号掲載されました)下段は1975年、秋田県鹿角市で開催の全国中学大会出場の写真です。

22歳で競技生活を終え、日本大学の先輩が経営する老舗鍼灸院で修業し、鍼灸、あん摩、指圧、マッサージの国家資格を取得しました。卒業後1年間、学校に通わせてくれた、お礼奉公もあり、計4年間勤務、その後、開業し挫折を味わうことに・・・・
 

恵まれた環境
さあ独り立ち!早速、東京港区青山のマンションで師匠からいただいた不妊鍼灸の虎の巻を元手に開院、患者さんが月に30~40人しか来院しない日々に不安がつのる毎日でした。修業時代にお世話になり独立後も不妊症で通ってくれる患者様、この仕事でみんなを笑顔にしてあげたい一心でこの道に入ったにも拘わらず、こんな”お茶引き治療院”になるとは・・・

不安も募る一方で修行先の師匠にお願いして、週3日また一から技術を学びにいき、徐々に結果が出ると同時に紹介も増え、何とか食いつなぐことができるようになりました。

2005年4月東京都港区田町に一時移転
不妊鍼灸・整体治療を本格的に始動する。



2005年から女優 生稲 晃子さんにもご贔屓いただいております。
 
1998年5月
ホテルニューオータニ法人会員制クラブとの治療院契約、日本大学保健体育審議会推薦もあり公益財団法人全日本スキーナショナルチームトレーナー、JOC医科学スタッフ、1998年長野オリンピック、世界選手権帯同など他院ではできない貴重な経験と実績を積み上げることができました。

2005年4月からは不妊症に特化した治療院として活動しております。私どもの理念『患者様が不妊症から解放され、患者様の本来叶えたい妊娠そして出産を実現してもらう為のサポートを 全力で応援していく院であり続ける。

私たちの笑顔が患者様の笑顔となり患者様の取り巻く環境を笑顔にしていく
そんな幸せ溢れる院を創造していく。』ことを念頭に日々精進しております。

長野オリンピック夏季合宿、スキージャンプ金メダル団体メンバー
(写真向かって中央が私、右が原田雅彦さん、左が斎藤浩哉さん)

鈴木 聡美(satomi suzuki)

【副院長】出身地:茨城県
趣味:ゴルフ
 
趣味はゴルフです。東急田園都市線あざみ野(剣山ゴルフ練習場)通い月数回、院長ご夫妻とラウンドに出かけております。
 
【ご挨拶】
 青山鍼整道グループ、藤が丘ティーダ鍼灸整骨院(副院長)鈴木聡美です。私の勤務時間は10:00~16:00となっております。「結果重視」をモットーに患者様と接し、1人でも多くの方に妊娠して出産していただけように最善をつくします。どうぞよろしくお願いいたします。
 
【仕事に対する想い】
 私がこの仕事を志すようになったきっかけは、私自身そして実姉がが婦人科疾患、不妊治療で鍼灸に助けられたことでした。
それがきっかけとなり不妊症専門の治療家になろうと決意しました。
 
当時お世話になっていた専門学校の講師であり、師匠でもある青山鍼整道の小林芳憲先生との出会いがきっかけで鍼灸を知り、私自身も婦人科疾患で治療をして頂きました。
 
そして不妊治療中であった実姉も小林先生の治療で妊娠、無事に出産する事が出来ました。結婚後、まさか私自身も不妊症?
なかなか子宝に恵まれず辛い想いをしましたが師匠の治療で、すぐ妊娠、出産する事が出来ました。
 
自身の経験を活かし、さらに臨床を積み、青山鍼整道の分院責任者として2017年4月に東急田園都市線、藤が丘駅徒歩2分の好立地に開院「赤ちゃんを授かる喜び」、「出産する幸せのための手助けをしたい」、「不妊で悩む方を一人でも多く助けたい」強い思いは誰にも負けません。
 
不妊治療は女性の負担が多くなりがちです。うまくいかずご自身を責めていませんか?
 
私はそんなあなたのために本気で向き合い解決しますので不安なことなどお気軽にお話しください。

小林 清美(kiyomi kobayashi)

【受付スタッフ】出身地:広島県
趣味:フラワーアレジメント、書道
 
趣味はフラワーアレジメントと書道です。フラワーアレジメントは生花店勤務の頃、コンテストに出展し数々の賞を頂いたこともあります。最近は書道にはまり都内の書道教室に通う日々を送っております。
 
【ご挨拶】
弊社の受付スタッフの小林清美です。10:00~18:00までが私の勤務時間となっております。「誠実」「丁寧」「思いやり」をモットーにお客様と接し、1人でも多くの方に元気になっていただけように最善をつくします。どうぞよろしくお願いいたします。
 
【仕事に対する考え方】
私は今まで主に、販売、接客業をしてまいりました。生花店をはじめ百貨店での高級食器販売など、お越しいただいたお客様には「誠実」「丁寧」「思いやり」を持って接してきた結果、お客様の気持ちを理解し、お客様の立場になって考えることもできるようになりました。店頭販売とは違い、お客様の姿が見えず、声や話し方などでお客様のニーズを察しなければならない難しさもありますが接客業の経験を活かし、心のこもったおもてなしができるよう日々精進していきたいと思っております。