初回半額50%OFF!!

なぜ肩こりになるのか?
肩こりは頚部(項部、前頚部、側頚部)、肩上部、肩甲間部などの自・他覚的な硬直感、緊張感、引きつり感、重圧感、疼痛などを訴える疾患です。

肩だけでなく、からだの筋肉は、2つの方面から支配されており、その影響を受けています。1つは、運動などしている時に、感覚刺激が、意識を伴わずに起こす反応による、筋肉の緊張です。もう1つは、骨格筋を直接支配している交感神経の過緊張によるものです。

運動によるものは、筋肉疲労も含め、筋肉が固くなることは、想像しやすいと思います。交感神経は、筋肉内の血管も支配しています。交感神経が興奮しますと、筋肉の過緊張を引き起こし、血管が縮こまり、血液の流れが悪くなります。筋肉の緊張だけでなく、古い血液が溜まることで、筋肉が硬くなっていきます。

肩こり・寝違えの原因

肩こりを起こす原因には、長時間の手作業によるもの、内臓疾患に関係するものでは高血圧、低血圧、肝臓・胆嚢疾患、胃腸疾患などがあります。その他に便秘、風邪の後、歯の痛み、眼の疲れ(眼精疲労)、更年期障害、精神神経疾患、耳、・鼻・口の疾患、外傷の後遺症などさまざまな原因があります。

寝違いは頚部、肩上部、肩甲間部などの筋肉が急激に硬直して、頚部の運動(前に倒したり、後ろに反り返ったり、捻ったり)ができなくなる状態をいいます。通常は運動時痛が主ですが、全く動かせないという事もあります。原因は睡眠中の不良姿勢、長期に渡る肩こりなどが原因です。また、睡眠中に布団を跳ね除けたり、肩周囲を露出した状態で眠ってしまったなど冷えが合わさって発症していると考えております。


日本整形外科学会 整形外科専門医
つるま整形外科 院長 金 泰久

小林先生は冬季オリンピック、全日本スキーナショナルチーム帯同という実績、経験もあり、安心して都内の患者様をご紹介しております。五十肩をはじめ頭痛、不妊症、産後の腰痛でお悩みの患者様からも喜びの声もいただいております。どうぞ安心して青山鍼整道をご利用下さい。私は自信をもって小林先生を推薦します。



東京都北区 30代 会社員

五十肩の整体・はり治療

五十肩の概要

五十肩は50歳頃になって身体に疼痛と関節拘縮をきたす疾患です。病態としてはさまざまですが、肩関節を構成する骨、軟骨、関節包、回旋筋腱板などの加齢的変性変化を背景に小外傷による組織損傷、肩峰下滑液包炎、上腕二頭筋腱鞘炎などの炎症をきっかけとして発症し、 疼痛→安静→運動制限→疼痛 という悪循環によって次第に拘縮が強くなって疼痛性拘縮となると考えられています。

症状は運動痛、夜間痛などの疼痛と運動制限で、特に整髪、結帯動作などが困難となります。
ところで、肩峰下滑液包炎、上腕二頭筋腱鞘炎などは総称して肩関節周囲炎といいますが、このような疾患をきっかけとして起こるのが五十肩です。肩峰下滑液包炎、上腕二頭筋腱鞘炎の状態でも五十肩と思われている方も多いようです。

五十肩の一般的治療

無理に肩を動かすことを避けて、肩の保温を図ります。温熱療法や運動療法などの保存的治療が主となりますが、非ステロイド性抗炎症薬の投与や副腎皮質ステロイド薬またはヒアルロン酸の関節内注射も行われる場合もあります。また重症例では手術療法も行われます。

東洋医学的アプローチ

整体・はり経筋治療

症状の出ている経絡を中心に施術します。原因によりますが、全身の経絡バランスを整えた上で、特に症状の強い経絡にアプローチします。また血の巡行をよくするツボを選択して施術を行います。整体・はり鍼灸の場合は症状の出ている経筋を中心に全身施術を行います。肩関節周囲は非常にたくさんの筋肉で構成されていますので、肩甲骨周囲から頚部、背腰部に至るまで入念に施術します。

施術料:15,000円
初回半額:7,500円

五十肩・肩関節周囲炎

①五十肩・肩関節周囲炎とは?

いわゆる五十肩といわれるものは、50代を中心として40代後半から60代前半にかけて発症する肩の痛みと運動制限を主とする疾患です。五十肩は、原因に関していろいろな諸説があり、一種の症候群とみられています。より医学的な名称としては、「肩関節周囲炎」といいます。

五十肩は、40代後半から60代にかけて徐々に発病する肩周囲の疼痛と運動制限です。疼痛は、寒冷によって増悪し、また、夜間に強くなる傾向があります。最初は、肩関節付近に鈍痛が起こり、上腕の可動域の制限が起こります。次第に痛みは鋭いものとなり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになります。腕を上まで上げられなく、後ろには、ほとんど動かせないような運動障害が起こります。

重症になると生活にも支障をきたすようになり、洗髪や髪をとかす、歯磨き、洗濯物を干す、電車のつり革につかまるなどの行為が不自由になります。

しかし肩の局所の熱感や発赤、腫脹は顕著なものはありません。もしそうした症状があって、疼痛が激しい場合には、五十肩よりも石灰沈着性腱板炎を疑います。また五十肩の場合は発症早期の段階においても関節の運動制限が認められるが、もし運動制限が認められない場合には五十肩よりも腱板断裂や上腕二頭筋長頭腱障害を疑います。

痛みは片方の肩だけの場合と一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合がありますが、片方の肩が発症してしまうともう一方も発症する確率が高いようです。また痛みのピーク時には肩の痛みに加えて腕全体にだるさや痺れを訴えることもあり、常に腕をさすっていないと我慢できないという方もいらっしゃいます。


東京都練馬区 36歳 会社役員

②五十肩・肩関節周囲炎の西洋医学的考え

従来は腱板損傷や石灰性腱炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因の明らかな疾患は五十肩に含めません。よって次の条件を満たすものを五十肩と呼びます。

1、肩に疼痛と運動制限がある。
2、患者の年齢が40歳以降である。
3、明らかな原因が無い。


年齢的要素は大切なポイントです。また明らかな外傷などの原因がなく、疼痛と関節運動の制限があれば五十肩を疑います。関節の運動制限が「帯を結ぶ」動作や「髪を結う」動作で著しく、そういった動作はすなわち肩を横に上げながら腕を内や外に捻るという動作の組み合わせです。

また炎症が長期化した場合に筋収縮は持続的になります。交感神経系の活動も高まって筋肉内の微小血管も収縮して、筋は虚血状態になります。筋肉乳酸が蓄積し、発痛物質が産生され、これらのために筋肉自体の痛みが原因となり、痛みの増悪により関節の運動が制限されます。そして肩の筋肉のみならず関節包などの周囲組織までも影響を与えます。

③肩こりは日本人だけの症状か?

よく肩こりは日本人にだけになる症状で、外国人には肩こりがないということを言われます。しかし本当にそうでしょうか。 肩こりという表現が日本で使われたのは、意外にも新しく、明治20年代~40年代にかけて肩がこるという言葉が使われ始めたと言われています。それまでは、肩が張るとか肩がつまるというような表現が使われていました。

「肩がこる」というような表現は日本独特の表現であり、英語ではこのような表現はないのです。しかしながら、日本人がいう肩がこるという症状が外国人にはないということではありません。外国人にも肩こりという症状は存在しますが、肩こりという言葉・表現が存在しないだけなのです。


施術料¥15,000円(税込)