当院の鍼灸整体で脊柱管狭窄症を改善しませんか?

脊柱管狭窄症とは

背骨は椎骨という骨がいくつも連なって脊柱という背骨を形成しています。
そして脊柱には脊柱管という脊髄神経の通る管があり、その管が生まれつきあるいは何らかの原因で狭くなり、脊髄神経を圧迫しておこる、首や腰の痛みや間歇性跛行などの特徴的な症状を呈する疾患です。

脊柱管狭窄症は多くの場合、先天性に狭窄を起こしやすい形態に、後天性の変形性脊椎症はじめ、脊椎すべり症や腰椎椎間板ヘルニアさらには外傷や手術などの要因が加わることにより起こります。60才前後の男性に多いですが、男女問わず発症します。

間欠性破行

間欠性破行は歩行障害のひとつであるが、歩いていると下肢に痛みを生じ、片側をひきずるかたちの異常歩行になるか、ついには歩行できなくなり、立ち止まる現象をいいます。しばらく時間が経つとふたたび歩けるようになります。下肢の動脈硬化症による血管性間欠破行と腰部脊柱管狭窄症による神経性間欠破行があります。

脊柱管狭窄症の種類

脊柱管狭窄症は頸部と腰部におこることが多く、頸部脊柱管狭窄症と腰部脊柱管狭窄症にわけられます。
また、脊髄は脳、延髄から続き背骨を貫いている中枢神経で、腰椎の1~2番の高さから馬尾神経という、文字の通り馬の尻尾のような形状になります。
圧迫される神経による分類もされます。
 
1.部位による分類
①頸部脊柱管狭窄症
・肩から腕、指先にかけて痛みやしびれがあらわれる
・上肢全体が重く、指先に力がはいらない
②腰部脊柱管狭窄症
・腰が重く、痛い、足にしびれがでる
・間歇性跛行を呈する(歩いていると足が出なくなり、少し休むと再び歩くことができる) 

2.神経による分類
①神経根型
脊髄神経から末梢神経が出る根元を神経根といい、神経根が圧迫されて痛みやしびれがおこるものを神経根型という。
②馬尾型
大脊髄神経は腰椎の1~2番の高さから馬尾神経になっていて、馬尾神経が脊柱管の内部で圧迫されておこるものを馬尾型という。
③混合型
①②の神経根と馬尾神経の両方が圧迫されるものを混合型という。 

治療

脊柱管狭窄症の西洋医学的考え

間欠破行や腰痛が、脊柱管狭窄における共通した症状ですが、どこを圧迫されるかによって症状は様々です。
 
■神経根型脊柱管狭窄症
 一般に片側性で長時間立位や歩行時および腰部伸展により発症または増強する下肢痛が自覚症状で時に腰痛を伴う事もあります。また腰部脊柱管狭窄症の場合は2~3つの神経根にかけて両側性に症状が出現する場合もあります。
 
■馬尾型脊柱管狭窄症
 脊髄と脊柱とは長さが異なり、脊髄は第一腰椎までしかありません。馬尾神経は第二腰椎より下の脊柱内で、脊柱下端の神経根の集合です。馬尾神経は脊柱を下降してそれぞれの椎間孔を出ます。その馬尾神経が圧迫されると、両下肢・殿部・会陰部のしびれ感、灼熱感、下肢の筋力低下、脱力感が出現し、または残尿感、我慢できないほどの尿意、尿失禁、便秘、勃起障害などが出現します。


推薦者の声

201704202323_1.jpg
日本整形外科学会 整形外科専門医
つるま整形外科 院長 金 泰久

小林先生は全日本スキーナショナルチーム帯同という実績、経験もあり、安心して都内の患者様をご紹介しております。スポーツ障害をはじめ頭痛、不妊症、産後の腰痛でお悩みの患者様からも喜びの声もいただいております。どうぞ安心して青山鍼整道をご利用下さい。私は自信をもって小林先生を推薦します。

脊柱管狭窄症の中医学的考え

中医学では腰痛は体の外から邪気を受けるため発症するものと腎気が何らかの原因で損傷して発症するものと考えられています。「風寒の邪気」を受けた時や湿度の高い場所にいた時、長い間体力仕事をした時などに腰部の経絡の気血が滞り、流れなくなって痛みを発症します。

また「腰は腎の腑」とも呼ばれており、何らかの原因で腎気が損傷を受けると腰部の経絡は温度を保つ作用や栄養を行き渡らせる作用を失い、腰痛を発症します。

また生長・発育・生殖をつかさどる「腎精」が不足して、「腎気」の作用が減退すると泌尿器系の異常が現れると考えられており、馬尾型脊柱管狭窄でも「腎」が深く関係しているといえます

脊柱管狭窄症にかかりやすい人

脊柱管は中高年になっていくにしたがって、老化による周りの筋の筋力低下や椎間板の変性により、狭くなっていきます。しかし、脊柱管狭窄症の症状が出ない方ももちろんいらっしゃいます。

中高年になり脊柱管狭窄症にかかりやすい人の特徴

・普段から重いものを持つ仕事をしてきた方
・何回もぎっくり腰になったことがある方
・デスクワークや運転などで長時間座っていることがよくあった方
などこういった腰に負担にかかることを長年やってきた方が腰部脊柱管狭窄症にかかってしまう危険性があります。
 
腰が痛くて足が痺れるという症状が出てもすぐ治っていくと思い、ほったらかしにしてしまう方も少なくありません。症状が悪化する前にも早めの処置が重要です。腰痛・足の痺れなどが出た場合は、まずは整形外科での診断を受けることをお勧めします。

 

【症例】63歳 男性

若いときから、よくぎっくり腰になり、整骨院で治療していたが、平成27年の秋、ゴルフコンペ終了後、足が一歩も前に出すことができなくなり、しばらくクラブハウスで休憩してから、なんとか運転して家に帰ったが、右腰から太ももにかけて重だるい痛さを感じ、整骨院へ行き椎間板ヘルニアと言われた。

しばらく通院したが改善しないので、脳神経外科でMRIで精密検査を受けて脊柱管狭窄症と診断された。その後も整骨院や整体院へ通院していたが悪化の一途をたどり、間歇性跛行が著しくなってきて、好きなゴルフにも行くことができなくなり、何とかならないかと思ったときに当院の事を思い出して来院した。

【所見】
SLR右陽性、左陰性、パトリックテスト右陽性、左陰性、
右小野寺殿部点周囲の圧痛あり
体幹回旋、臀部持ち上げ運動問題ない。
腰から右下肢にかけての重だるさと痺れが著しく、
間歇性跛行の間隔も短くなり、5分歩くと休憩しなければならない。

弁証論治
淡紅舌、胖大舌、舌苔白厚膩、顔色赤、五声呼、体を動かすのが好きで早くゴルフをしたくてイライラしている、脈浮実弦

(証)   肝鬱症 痰飲
(治則)  疏肝 健脾化湿

【経過】
初鍼 治療後何もしていない時に感じる痛みが軽減、一日置きに通院
2鍼 初回で治療後すぐに腰が軽くなり安静にしていると全く痛みを感じなくなる
3鍼 温泉に行き良く温めても痛みはなく、酒を飲んだが痛みは出なかった。
4鍼 ゴルフをラウンド出来た。終盤少しシビレが出たが間歇性跛行もなかった
5鍼   日常生活問題なし、経過良好

【考察】
この患者さんは脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを両方もっていて、今回の症状の原因について整骨院の先生と脳外科のドクターの見解が違い、あちらの先生は脊柱管狭窄症が原因だ、こちらの先生は椎間板ヘルニアが原因だと言って困っていた。

身体の形が元の状態になる事が健康ならば手術しなければならない。
健康とは?形態的な物ではなく、今の年齢で、今ある体力を不自由なく使えて、社会的、精神的に健全な生活をおくることであるならば、この患者さんはすでに健康状態にあるのである。発症から7か月間あちこちの病院や整体院で様々な治療をしたが、悪化の一途を辿ったが、当院で5~6回の治療、2週間で症状が消失した症例である。


【症例】 61歳 女性

【所見】
整形外科でMRIを受け、
軽い椎間板ヘルニアと診断されました。
投薬治療と低周波治療で病院通いするも、改善しません。
仕事はデスクワークなのですが、座っているのが辛く、
この状態が3ヵ月ほど続いています。

【経過】
初鍼
舌診:老舌(実熱)
脈診:沈、弦

弁証:肝鬱気滞 取穴:手の太陽小腸経、足太陽膀胱経の各経穴。
施術後:腰を捻る際の痛みが 軽減

2鍼目
舌診:やや紅
脈診:弦
気滞を起こしやすくなっているので、
本日より瀉法にて処置。

施術後は歩きやすいが、
動作開始時痛および、長時間の立位、座位が出来ない。
仕事にも集中しづらいため、
その事が余計にストレスになっている。

5鍼目
数日は動作開始時の痛みがあったものの、
本日は患部の筋肉が収縮している感覚とともに
動作開始時の痛みが消失している。